筋トレ・サイト

筋トレ初心者、女性のためのトレーニング情報サイト

筋トレで柔らかい筋肉は作れるのか?硬い筋肉との違いとは?

一流アスリートの筋肉は弾力のある柔らかい筋肉という話を聞いたことがありますか?筋肉を鍛えるならアスリートのような、スポーツのパフォーマンスが上がる筋肉を鍛えたいですよね。でも筋トレをすると筋肉は硬くなってしまうのでしょうか?そもそも柔らかい筋肉ってなんですか?今回はそんな疑問にお答えします。

一流のアスリートの筋肉は常に柔らかいの?

実際、一流のアスリートの筋肉を触ってみると弾力があってとても柔らかいです。

でも、いつも柔らかい訳ではありません。筋肉なので力を入れた時は当然硬くなります。もし、力を入れても柔らかかったら脂肪が多いということになってしまいます。

さらに、パンプアップした時もパンパンに膨張しているのでとても硬いです。このときは力を抜いても柔らかくなることはありません。

ですので、一流のアスリートでも競技を終わった直後の筋肉は硬いということです。

ではなぜ一流のアスリートの筋肉は柔らかいと言われるのでしょうか?

実は、疲れが完全に取れて回復しきった筋肉はとても柔らかいんですね。

一流アスリートは筋肉をすぐに回復させることができるので、常に最高のパフォーマンスで競技に臨むことができるのです。

競技や練習の直後でなければ柔らかいことが多いので、トップアスリートの筋肉は柔らかいと言われるようになりました。



スポンサードリンク

筋肉がいつも硬い人が一流になれない理由

逆に言うと、うまく調整ができずにコンディションが整ってない人の筋肉はいつも硬いので、「筋肉が硬いとトップアスリートになれない」という説が出てきたんです。

筋肉が硬い原因は、疲れが取れていないこと、完全に回復できていないことなので、トレーニングのやり過ぎならスケジュールを見なおして、しっかり栄養休息を取ることが大切になります。
もし、普段の生活が乱れているなら真っ先に改善しなければいけません。

また、姿勢が悪いことが原因になることもあります。こちらの記事で正しい姿勢について書きましたが、姿勢が悪い状態で練習すると、必要のない筋肉が付いてしまい回復が遅れます。

「とにかくがむしゃらに練習すれば一流アスリートになれる」という考えは捨てて、正しい姿勢で短時間に集中して筋肉を鍛え、あとはしっかり栄養と休息を取る。

これができる選手が一流になれるということを覚えておきましょう。

回復力と高める栄養素

筋肉の回復を早めるためにはまずタンパク質をしっかり摂ることが重要です。

さらにグルタミンやBCAAなどのアミノ酸やビタミンBやCを摂ることも効果的です。

最近では、必要な栄養素が一度に取れるサプリメントも発売されているので、バラバラに摂るよりかはまとめて摂取したほうが楽ですし、効果も高まるかもしれません。

まとめ

一流アスリートの筋肉が柔らかいのがなぜかわかりましたでしょうか?

常に柔らかいわけではなく、疲労して硬くなってもすぐに柔らかくできるから最高のパフォーマンスで競技に臨めるということですね。

柔らかい筋肉の作り方のポイントというのは、回復を早めることです。

改めて栄養と休息の重要性を理解することができたと思います。

おすすめ記事:超回復とは?毎日筋トレしては効果がない理由
おすすめ記事:筋トレ初心者におすすめの食事の回数とメニューとは?
※この記事は下記の動画を参考にさせて頂きました。

スポンサードリンク

-初心者のための基礎講座