筋トレ・サイト

筋トレ初心者、女性のためのトレーニング情報サイト

パンプアップ

パンプアップとは?筋トレの仕上げにパンプアップすることが重要な理由

2016/08/19

パンプアップ」という言葉も筋トレをしていないと馴染みがないかもしれませんが、実は筋肉を成長させるためにとても重要なトレーニングの一部なので正しく理解しておきましょう。
そうすることであなたの筋肥大のスピードを加速させることができます。

パンプアップとは

パンプアップとは筋トレによって筋肉に溜まった老廃物を除去するために血液やリンパ液が流れ込み、筋肉の周りをパンパンに張らせる現象のことです。

バルクアップとは違って一時的な現象ですが、筋トレ直後はパンプアップするのでいつもよりさらに筋肉が太く見えます。

充血して血管が浮き出てくるのでそれが楽しくてやみつきになっているボディービルダーもたくさんいます。



スポンサードリンク

パンプアップを意図的に強める方法

パンプアップすると筋肉の成長が早くなるという説もあり、かの有名なアーノルド・シュワルツネッガーも意図的にパンプアップをしていたそうです。

筋肥大とは直接関係ないという否定的な意見もありますが、一時的でも筋肉がパンパンに張ってデカくなったら嬉しいですよね。

では、さっそく意図的にパンプアップする方法を見ていきましょう。

まず、いきなりパンプアップは難しいので、最大筋力を出し切る限界を超える筋トレを行なってください。
参考記事:筋トレは最大筋力を出し切って限界を超えないと意味が無い理由

最大筋力を出しきると、すでにある程度はパンプアップしています。

しかし、ここからさらに筋肉に対して追い打ちをかけるのです。

最大筋力を出し切った時の半分から1/3程度のウエイトで、自転車の空気入れを押すような一定のスピードで一箇所の筋肉を収縮させてください。

回数が多いとオーバーワークになってしまうので、パンプアップも10回程度を目安にしてウエイトを設定しましょう。

テンションをかけ続けることによってよりパンパンに膨らんできますので、最後に力を振り絞る感じでギューと固めて終了です。

パンプアップは筋肥大に効果がある

最近ではパンプアップが筋肥大に効果があると認められているようです。

血液やリンパ液で筋肉がパンパンに膨らむことによって、成長ホルモンとは別の成長因子が出ているということです。

筋肉にも環境適応能力があるので、筋トレのたびに極限まで膨張させられていると「もっとデカくならないと」なるんでしょうね。

パンプアップは時間が経てば元に戻ってしまいますが、成長因子がたくさん出るならやるしかないですよね。

これで、さらに筋肥大のスピードを上げることができます!

まとめ

最大筋力を出し切るだけでも筋肥大はしますが、せっかく成長因子が出るのですから、筋トレのあとはパンプアップして筋肉をしっかり膨らませましょう。

⇒あなたにおすすめの記事:筋トレは最大筋力を出し切って限界を超えないと意味が無い理由

※この記事は下記のYouTube動画を参考にさせていただきました。

スポンサードリンク

-初心者のための基礎講座, 用語