筋トレ・サイト

筋トレ初心者、女性のためのトレーニング情報サイト

腹筋

筋トレ初心者が最短で腹筋を割る鍛え方

2016/08/18

男なら一度は憧れる6つに割れた腹筋、シックスパック。筋トレ初心者が最短で腹筋を割るにはどうしたら良いのでしょうか?
腹筋の効果的な鍛え方について解説していきます。

筋トレ初心者が知らない正しい腹筋の鍛え方

「腹筋を鍛えよう」となると、ほとんどの人が、床に寝転がり、ひざをたてて両手を頭に添え、顔がひざに付くまで起き上がる運動をします。

でも、この動きは腹筋より、腸腰筋を鍛える運動なんです。
一瞬息を止めて腹筋にも力が入るため、腹筋の運動と勘違いしてしまっているんですよね。

腹筋だけしっかり鍛えたいのでしたら、先ほどと同じ姿勢で寝転んで誰かにお腹を殴ってもらいましょう。
その時どんな体勢になりますか?

腹筋

恐らく、腹筋に力を入れると同時にちょっとだけ身体を丸めると思います。
顔がひざに付くような体勢になる人はひとりもいないですよね。

腹筋の鍛え方はこれでOKなんです。
腹筋だけに力を入れて体を少し丸める動きを連続10回早くやってみてください。

結構きついと思います。

では次に、右ひじを左の膝に向かって斜めに10回、左ひじを右の膝に向かって斜めに10回。
これも早く連続で行なってみましょう。

どうですか?起き上がれないほど腹筋に強い刺激を入れることができたと思います。

腹筋を鍛えるだけではシックスパックは見えてこない

実はボディービルダーは滅多に腹筋を鍛えたりしないんです。
なぜなら他の部位を鍛えるときに同時に腹筋にも力は入るからなんですね。

キレイなシックスパックに憧れているなら腹筋を鍛えるより、体脂肪を減らすほうが重要です。
人によってどのくらいの脂肪で覆われているかは個人差がありますが、ポッコリお腹の人がいくら腹筋を鍛えても意味は無いですよね。

体脂肪を効率よく減らすためには大きな筋肉をさらに大きくして基礎代謝を増やす必要があります。

大腿四頭筋と呼ばれる太ももを鍛えるのが良いと言われますが、下半身を鍛えたくない人は三角筋や大胸筋を鍛えるのも良いかもしれません。

腹筋を割って誰かに見せたいのでしたら、筋肉を大きくしながら、体脂肪を減らしていくのが最短ルートということですね。



スポンサードリンク

 

腹筋を割るためのダイエットは何が良いのか

体脂肪を落とすためには脂肪を摂らなければ良いという発想で、低脂肪ダイエットを行なう人が多いと思います。

もちろん摂取カロリーが減るので痩せることは痩せますが、体脂肪だけが減るかというとそこは注意が必要です。

カロリーが不足するとカラダは飢餓状態と認識して脂肪を蓄えようとするからなんです。
逆に筋肉はエネルギーを無駄遣いするので飢餓状態の今は要らないと脳が判断し、筋肉を小さくしてしまいます。

これでは、お腹周りの脂肪は減らないのでいつまで経ってもバキバキのシックスパックとはご対面できません。

では、他に良いダイエット方法はないのでしょうか?

体脂肪を効率よく減らすための究極のダイエット法は糖質制限ダイエットです。

糖質を制限することでカラダに脂肪が蓄えられなくなると同時に、タンパク質中心の食事になるので筋肉を増やしやすくなります。

糖質制限ダイエットについてはこちらのページで詳しく説明しますのでご覧ください。

まとめ

筋トレで腹筋を鍛えてバキバキに割る方法に関しては情報が溢れていますが、要は筋肉を鍛えながら体脂肪を落とせば良いということですね。

ダイエット法もいろいろあるので自分にあった方法を試せば良いと思いますが、最短できれいに腹筋を割るためには糖質制限ダイエットが一番ということをお伝えしておきます。

関連記事:筋トレと相性の良い糖質制限ダイエットでバルクアップする方法

 

スポンサードリンク

-初心者のための基礎講座, 腹筋